ピル効果では性病はHIVなどの感染症は防ぐことはありません


写真 商品 特徴
マーベロン28 ホルモン量が一番少ないタイプで血栓症などの副作用が少ない
トリキュラー マーベロンと同様に人気の商品でどちらを選ぶかは相性です
アイピル 世界で一番使われているアフターピルで、24時間以内なら95%
ダイアン 男性ホルモンを抑え女性らしい身体を作るアジア人向け
ヤスミン 太らないピルとして人気があります

女性が自分の意思でできる避妊として支持する人の数は以前よりも特に若い世代に急激に増加中です。 しかし、クラミジアや梅毒、カンジタ、淋病やHIVエイズなどの感染症を予防を低用量ピル(OC)に効果を期待するのは不可能です。 受精しなければ良いという考えだけではリスクが大きく、安全なセックスはできません。 もちろんこれらの病気になることが将来的に子供ができない病気を導く確率は少なからずありますので注意しなくてはいけません。 セックスという行為を行う相手にもよりますが信頼できる相手であってもなくても、子供を作ろうという二人の意思がなければピルの服用やコンドームを装着するに越したことはないと言えます。 結婚している夫婦であっても経済的な面や家族バランスなどを考えなければいけません。 徹底した避妊をすることで望まれない子供が必ずしも不幸になるとは限りません。 それによって結婚を決意する事もありますし、良い方向に進む効果もあります。 定期的に検査を行う事もがんなどの早期発見にも少なからず役に立ちます。 ただし計画的に将来と人生設計を行っていきたい方は低用量ピルだけでなく緊急としてコンドームも財布の中に常備し、常に男側に確率だけの話ではなく責任として誠意として確実に装着して貰いましょう。

ネット通販で避妊にピルを海外から個人輸入

世界的にはアーティストや女優なども含めて一番有名な女性に飲まれている避妊として10代から低用量ピルを効果があるように調整しているケースもあります。 しかし日本では医者の処方箋が購入する際には必要ですので、産婦人科やレディースクリニックなどに足を運ばなくてはいけません。 そんなシステムを不便に思っている患者が多いのか、海外個人輸入代行サイトでのインターネット通販が話題となり人気となっています。 個人での使用目的なら海外から輸入する事ができるのです。 医者が処方してくれる避妊の薬をネット通販で購入する事ができるのです。 しかし注意点として偽物や怪しい低用量ピル(OC)の確率も少なくないという事です。 信頼度の高いサイトで購入しなければ体に吸収するものですので危険も伴います。 海外個人輸入代行サイトでも優良と呼ばれる大手サイトで購入したり、本当に効果を確認できるまではコンドームも同時摂取するなど念には念を入れましょう。 たった一回でも受精すれば確実に妊娠はします。 また女性の体は計り知れないほど複雑に繊細に出来ています。 インターネット通販はオンラインで便利ですが初めてのピルの場合は確実にお医者さんで問診や診察を定期的に受けましょう。

長期的なピル効果の服用で逆に不妊になる確率は?

日本では避妊薬を購入するには医師の処方箋が必要です。 その事が良くも悪くも低用量ピル(OC)の知識や情報を少なくしてしまっている傾向にあります。 実際にアメリカや先進国では低年齢から服用しているケースは多く見られますが、少子化が進行しているという話を聞いたこともありません。 排卵障害や、生理不順、PMSの治療のために長期間継続してもマタニティになり出産されている方は当然います。 もちろんその確率は100%ではありません。 ピルにより効果どころか血栓症や心筋梗塞の死亡例もあります。 直接的な理由かどうかは定かではありませんが子供ができない病気になってしまった女性もいます。 人間の体は繊細に出来ていてホルモンのバランスをコントロールする事は自然ではありません。 少なからず避妊を抑制することで健康な状態を崩すことに繋がります。 これから受胎や出産を控える方は医師と相談してからリスクを視野に入れて摂取を考えましょう。 口コミや噂の範疇で逆にピル効果を飲むことが受精しやすくなるという説もあります。 早期の検査で子宮内膜症を予防できることが子供作るための治療にもつながるという重要な意見です。

人工中絶の増加とピルによる避妊の必要性

確かにまだ受胎したり出産する予定のない女性が自分の人生設計を守るために、低用量ピルを効果が出るように摂取するケースは多くなっています。 実際に理論的な数字を言えば99.9%というのが独り歩きしていますが、統計的には確実に時間や回数などを守った時でも排卵率は5%あります。 その割合に遭遇してしまう確率は非常に低いですが、避妊は100%ではありませんので注意しなくてはいけません。 特に十代後半から二十代半ばまでは正確に調整できていないのに過信をしてしまいコンドームを付けずに膣内で射精を許してしまう事が多いようです。 HIVや感染症などの恐れも含めるとコンドームは受精しても良いと思える相手以外では確実に装着すべきです。 現実問題としてピルが普及しているアメリカやヨーロッパでも人工中絶の件数が減少しているという訳ではありません。 宗教的な理由で避けるための法にコンドームが認められていない国もあります。 日本でももっとSEXと受胎や出産、感染病などについての教育が必要です。 比較的、何かあっても誰かに相談しにくい、する場所がないようなジャンルでありトピックとなってしまっています。 親や家族の低用量ピル(OC)の指導が浸透する事によって正しい確率や正しい方法が定着すれば人工中絶の件数も減少させる効果があるかもしれません。

正しい情報と知識で使用方法を守ってこそのピル効果

医薬品であるピルはどの商品を使う際にもしっかりと根拠のある知識と正確な情報を持ってルールと正確な方法を守らなければ摂取しても効果の期待に添えるかはわかりません。 世間的に言われている確率は100%に近くても受精してしまえば、失敗なのです。 絶対に防ぐためにはコンドーム装着の上で膣外での射精が理想的です。 それでも100%とは言い切れないのです。 確かに快感度は装着しないで挿入行為を行うのとでは男だけでなく女も大きく異なるのかもしれません。 それでも一時の快楽に溺れず将来を想定して責任を持った行動をとれることがまずは最低条件であります。 女性は避妊しているから大丈夫と言う考え方は正しいものではありません。 万が一のことが起きてしまった時にも後悔しないように自分の体は低用量ピル(OC)で守っていかなくてはいけないのです。 中には病気で子供が欲しくて高い治療費を払っているにもかかわらず願いが叶わない方が世の中には非常に多くいます。 同じ体を持つ女としてそのような事実にもしっかりと向き合わなくてはいけません。 理解したうえで避妊法としてピル効果は服用しているのと、そうでないのでは意味がだいぶ変わってきます。 もちろん使う目的は様々ですが、本来持つSEXの意味や意義なども一度は目を向けてみましょう。


【このサイトの記事】